インタレストマッチ(興味連動型広告)とは

インタレストマッチを簡単に言うと

インタレストマッチは、簡単に言うと「今は検索していないけど興味がある人」への広告です。

たとえば、「ダイエットに興味があって過去にいろいろ検索をしたことがある人」

その人が全然関係のないページ、たとえば料理に関するページを見ていても、インタレストマッチでは過去の検索履歴から、そこにダイエットの広告が表示されます。すると「あ!ダイエット」と思い出してクリックされる、という仕組みです。

色々と調べても、情報が多すぎると結局決められなかったり、「あとで考えよう」と思ってそのまま忘れてしまうものです。そんなユーザーにアプローチができるのがインタレストマッチ(興味連動型広告)です。

Yahoo!プロモーション広告(公式サイト)

インタレストマッチの仕組み

ユーザーが閲覧中のページの内容や、そのページへの訪問経路、過去に閲覧したページなどから、そのユーザーが持っている興味を自動的に分析し、広告主の商品やサービスに興味がありそうな人に対して、そのユーザーごとの最適な広告が掲載されます。

この仕組みによって、忘れていたり先延ばしにしていたニーズを思い出させることが可能になります。

Yahoo!プロモーション広告(公式サイト)

>> インタレストマッチについて動画で見る(公式サイト内動画)